乾癬の治療(光線療法)



PUVA療法 (Psoralen + UVA)


psoralen‐ultraviolet A therapy(プーバ療法)は、ソラレン誘導体(psoralens)を内服または外用した後、長波長紫外線(ultraviolet A)を照射する光化学療法の一種で本療法により、細胞DNA内にソラレンが結合し,細胞増殖を抑制させます。

一般に乾癬治療の第一選択として存在する。このPUVA療法が乾癬に効果・副作用の面ですぐれている。ただ、光線療法が過敏に反応し、逆に増悪因子となるケースがあると、この治療は選択できない。当然のことながら、治療前にパッチテストを行う。同様に紫外線は乾癬を抑える上で有効だと言えるが、この療法については紫外線を照射した場合と根本的に効かせるところが違う。また、長期間、この療法を続けると皮膚にシミが出来ることが多く、将来的に皮膚ガンの可能性も秘めている。シミが多くなっている場合は避けざるを得ない。

PUVAの新しい感受剤

ソラレンは光に敏感な(または活性化する)植物からとった薬物であり、紫外線の吸収を高める性質を応用した作用によって乾癬の治療する感受剤です。この感受剤そのものを、さらに進化させようとフォトポイント、キサントリルなどを用いて治療することが研究されています。

BathPUVA療法


全身の広い範囲に症状がある患者に用いる。
ソラレン風呂に入って乾かしUVAを数分間〜照射する。一般のPUVAより効果がある。医療機関における機器設備等の問題があり、現在、日本で部分的ではあるが徐々に浸透しつつある。



UVB療法


中波長紫外線を照射する。効果はPUVAに劣るが手間がかからない。PUVAに比べ光線を照射するだけの簡単な治療で、この治療を行う医療機関は多い。

Narrowband UVB


最近の乾癬治療では注目をされている。UVB療法の改良型。波長311から313ナノメートル(ナノは10億分の1)の極めて狭い波長領域の紫外線を用いる。
これまでの、UVA、UVBは太陽の紫外線に近いものを作り出し乾癬治療に役立ててきた。
しかし、太陽の紫外線に近いからこそ、治療においてもシミ、そばかすを始め、最悪の場合、皮膚ガンというリスクを背負うことになる。そのリスクを極力避けようというもの。

欧米で開発され、アメリカで普及し日本でも大学病院などで治療されるケースが増えつつある。
ステロイド、ビタミンD3外用で効果がなく、PUVA療法も効果のないケースでも、治療効果が出る場合がある。
寛解期間が非常に長いとされ、数ヶ月〜半年と続くケースが多い。
他の皮膚疾患の治療(尋常性白斑、アトピー性皮膚炎)でも利用されています。

現在、日本においてNarrowband UVB照射装置は海外からの輸入(非常に高価)に頼ざるをえなかったが、日本でも国産の製品が出現してきたこともあり、近くの皮膚科医でも手軽に治療が受けれるようになってくると考えられます。

Narrowband UVBの治療では照射回数は、おおよそ20回前後。
寛解期間は4ヶ月〜6ヶ月くらいと長い。

Narrowband UVB と PUVA療法の治療

光線療法の代表が「PUVA療法」に「Narrowband UVB」が加わり患者の治療の幅が増えた。
UVAとUVBの根本的な違いは、皮膚組織のどれくらい深いところまで光線が届くかによって決まる。
より深く光線が届くのはUVAではある。効果的にはPUVA療法が、治療に手間のかからないのがNarrowband UVBであるとはいえる。しかし、人によって違う効果を示すなら、2つの治療を試すのが賢明ともいえる。

RePUVA療法 


 チガソン内服+PUVA療法の複合治療のこと。少量のチガソン内服を用いることで効果のある例が多いという。PUVA単独での治療よりも、より速やかに皮疹が消腿する場合が多く、効果の期待できる治療になります。

ちなみに、シクロスポリン内服+PUVA療法は行わない。また、ドホネツクス軟膏を塗布後にPUVA療法は行わない。

ゲッケルマン療法 


 現在でも、この療法を行っている病院は存在します。タール剤と紫外線を組み合わせた古来から行われてきた療法。乾癬に効果があることとは反対に、入院などによる治療、施設的な問題もあり、すたれてしまった治療になっています。この治療の後継的な療法がPUVA療法です。

参照 「ゲッケルマン療法とは」

Imgram療法


ブラジル産の樹木から抽出されたものが乾癬に効く成分を含む。誘導体として合成されたものを塗布する。しかし、皮膚などに相当強い刺激があるために、あまり実施されていない。

遠赤外線療法


詳細不明






乾癬に負けるな!(乾癬患者のための情報交換サイト)
乾癬という難治性の病に決してあきらめることなく明るい未来を求めてともに頑張ろう!
http://sweetmemory.sakura.ne.jp/kansen/